トップ
「導入事例」カテゴリーの一覧を表示しています。

2018.4.27

見えない用途

デジタルサイネージを設置する目的はお客さまに何らかメッセージを伝えるためであることが多いが、その他に社内の情報共有など外部の人からは見えない用途もかなりある。情報共有に関しては組織的にグループウェアが使われていたり、メールで一斉同報されるとか、ネットでのアプリというものなど、いろいろな手段が使われているにもかかわらず、あまり見られていないという現実もあり、これで十分というものは無い。それで昔ながらの掲示板というのも捨てられないでいる。

社内掲示板を撤廃するために投資してデジタルサイネージを導入してもらえるとは考えにくいのだが、複数個所に同じ内容を掲示したい場合には電子ディスプレイは有用だろう。ただコンテンツに手間暇をかけることはできないので、情報共有アプリの画面を大きくして映し出すとか、プリントのPDFを表示させるようなことになろう。

掲示板に載せる情報は種々雑多なので、だれがどうコントロールするかは難しい問題だ。PCとかカメラ(含む監視カメラ)が4種程度なら、HDMI切替機のようなものでローテーションさせることはできる。

業務上欠くべからざる事柄のためには、朝礼とか、各部署での朝のミーティングなども行われている。これをサイネージのボードの前に集まって行って、やはりPCとかWebとかの情報を見ながらフェーストゥフェースで情報共有するためにも便利である。この場合もミーティングで使う情報を事前にどこにどうセッティングしておくかが課題になる。

デジタルサイネージによる情報共有は店舗などで、個人の机はなくてパソコンも見られない職場環境では、非常に有益な方法になる。開店前や閉店後のミーティングとして、あるいはアルバイトやパートに仕事を覚えてもらうためのマニュアルとして使われることがある。器具の使い方や、閉店後にどのように掃除し片づけるのかといった事柄をあらかじめビデオ化しておいて、毎回繰り返して見ることが出来るようにすれば、言葉の通じにくいアルバイト君にも伝わりやすいだろう。

サイネージを多目的に使う場合に、すべてコンテンツ制作が必要になると、頭を抱えることが多くなって、実際には取り組めなくなる公算が大きい。しかしコンテンツ制作しなくても、前述のようにPCやWebなどの異なるソースの切り替えをするだけなら、千~何千円のHDMIセレクターで済んでしまうかもしれない。

この考え方を応用すれば、午前午後の休憩時間のリフレッシュとしてテレビ体操を放映するとかもできる。学校で教室の利用予定の表示のついでに学内ニュースを伝えるのなども、システム化されたスケジュール管理をPCから表示する出力とは全く別系列にニュースを作ってよいので、取り組みがやり易い。

さらに商業的なサイネージに於いても、通行人が近くに居ない時にはロゴなどあまり変化のない看板的な表示をしておいて、人が近付いてきたら切替えてもっと動きのあるものを表示させて、「おやっ!」と思わせるようなこともできる。これは焦電センサーとか人感センサーというもので可能になるのだが、こういった小物の使い方はまた別の機会に紹介したい。

2018.3.30

設置・工事のことも忘れずに

30年近く前に、4階建て2棟の職場の各フロアにイーサネットのケーブルを敷設することになって、工事立会いのために日曜出勤をしたことがあった。すると下の写真のような感じでトラックがイエローケーブルのドラムを積んでやってきて、工事の人が各床から天井裏にドリルで穴を空け、天井には点検口の穴を空け、各フロアをぐるぐる廻って、一筆書きのようにイエローケーブルを設置していった。ケーブルのところどころには機器を接続するための装置をつけて、いわば電気のコンセントのようなものをつくるわけだが、イエローケーブルは床をブチ抜いて下から生えてくる場所もあれば、天井から下がってくるところもあった。それらをカバーする工事も行われた。

今日の有線LANというのは、電話のケーブル工事に間借りするつもりで線材や接続口が考えられているので、イエローケーブルのような大げさな工事は不要になったが、30年近く前は線を敷くだけの工事に200万円かかってしまった。有線LANになってからも何度も工事というのは必要になって、もう電話の配管スペースに通信線が入らなくなってしまい、屋外に配管ダクトのようなものをつけなければならなくなったとか、HUBの増設に次ぐ増設やフロア配置の変更などなんだかんだで、2~3年に1度は通信工事も考えないと、線がぐちゃぐちゃな環境になったものだ。今では無線LANが主流になったので、配線はだいぶ人目にはつきにくくなった。

 

無線LANとはいっても機器には電源が必要なので、今度は各フロアの4隅にアクセスポイント置きたかったので電気のコンセントが必要になった。今日では監視カメラとか見えない所でも電源工事が必要なことが増えている。デジタルサイネージも御多分に漏れず、機器以外に電源線とか無線LANのアクセスポイントの電源などが必要になる。もし大きなディスプレイパネルを何十台も使う場合には、電源の契約から見直さなければならないかもしれない。

 

冒頭のイエローケーブルの話も、インターネットの話ばかりしている時には工事のことなど頭になかったのが、稟議が通ってから結構大変なことになりそうだということで慌てた記憶があり、何とか予算に納まるような業者を探し回った。また日曜出勤して工事に立ち会ったこともよい勉強になった。イエローケーブルというのは簡単には曲がらなくて、当初考えていた場所に接続口が設置できないということもあった。工事が伴うことに関しては事前に専門家に見てもらってからプランを作った方がよいことがわかり、後の有線LAN・無線LAN・電気コンセントの付け替えなどがスムースに進んだ。

 

デジタルサイネージを1台だけ導入するのなら大型テレビを購入するのとさほど変わらないが、人の集まるところや展示をする場所を対象とするならば、まずどこらあたりに何台ほどという配置の『密度』を考えなければならないし、それが一度に設置できるのか、段階的に増やしていくのかというプランも必要かもしれない。いずれにせよ、ある程度先のことも考えておいた方が工事が2度手間にならなくて済むことにはなりそうだ。
またインテリアとか室内の見栄えという点からもどういう工事をするかは変わってくる。デジタルサイネージのコンテンツとは別に、設置の見栄えをクライアントがどう考えているかも知っておく必要がある。

 

サイネージネットワークでは、設置と付随する工事に関するお仕事は専門業者のキラカスタムサポート株式会社(URL http://kirasapo.jp/)にお願いして、一緒に打ち合わせに行ってもらったり、お互いに相談して提案をすることを行っている。またキラカスタムサポートさんは365日24時間全国どこでも対応ができるネットワークをもっておられるので、北海道から沖縄まで対応するサイネージネットワークにとっても、運用開始後の変更やメンテナンス面でも安心できるパートナーさんである。
むしろサイネージネットワークはコンテンツ制作会社のグループなので、設置に関しては相談相手になっていただいているといった方がいいかもしれない。いろいろな事例をお持ちなので、それらも追って紹介していこうと思うが、単なる工事屋さんではなく、プロジェクト全体に関して、それを良い方向にもっていくように、事前に調査やヒヤリングの段階から協力してもらえ、発注者に安心してもらえるような仕事をしておられる。

仕事の規模では、展示施設にタッチモニタ30台を置いて、展示に関する写真・画像・インタビュー映像を流すような仕事もされた。後のメンテナンスのために、地元の業者によって設置・電気工事の対応してもらうとか、サーバー経由でのコンテンツの一括管理・運用とか、機器販売よりも実稼働後のことに配慮した方法で、うまく仕事をされておられる。

実際にはどんなプロジェクトも予算の範囲でどのように配分するかで悩むと思うが、デジタルサイネージに関しては最初にハードウェアを決めて残りの予算でコンテンツや工事に割り当てることが多かった。しかしハードウェアの価格が下がってきて、またサポート体制のある主要メーカー間の差がなくなってくると、むしろハードウェアの発注先は最後に決めて、流動的なコンテンツと設置から考え始める方が長い目で見るとスムースに行くのではないかと思う。いいかえると、どんな目的で、どんな内容を、どのように表示するか、などであり、これらに迷った時にはぜひご相談ください。

2018.3.20

トレンドセミナー盛況裏に終了

私たちの扱う デジタルメディア やコミュニケーション・ツールの世界にはどのような変化が起ころうとしているかを探り、ビジネスチャンスを見つけるためのセミナーを飯田橋東京しごとセンター講堂で3月19日に開催しました(後援:東京グラフィックコミュニケーション工業組合)。

第1部は『Webに代わるAIを使った自動応答システム』と題してソフトバンク(株)山田泰三氏から、IBMのWatson がコミュニケーションツールとしてすでに幅広く活用されている話と、(株)キャメルの太田伸吾氏から音声/Line/webいずれからでも使え、またマルチリンガル対応のAIチャットボットediaについて、Webなどと比較してログが宝の山となるので、サービスが進化していく様子をお聞きしました。

 

(株)キャメルのedia

人々が常に強力な情報端末を持ち歩いていて、最新情報が簡単に手に入ることが当たり前となったために、会社の情報システムも広告やマーケティングの手法も、DX(デジタル・トランスフォーメーション)と呼ばれる変革のさなかにあることが感じ取れました。この時代に則さない古いメディアやユーザーインターフェースは衰退し、代わってネットワークやAIを駆使した方法に期待が集まっています。

 

第2部では、サイネージネットワークの3社、熊本の(株)アートプロセス 本田和敬氏、香川の(株)ミヤプロ 宮嵜佳昭氏、東京の(株)二葉企画 小林右季氏から、この1年の事業報告として成功も失敗も忌憚のないお話が聞けました。その後のパネルディスカッションでは、まだ利用モデルが確立していないデジタルサイネージなので、単純な新規開拓はなかなか難しく、ソリューション提案や総合プロデュースによって、顧客/パートナーとともに近未来を切り拓く努力がされていることを感じました。

 

 

 

2018.1.31

pepper君が外国人観光客を免税ブースに案内 (高松で実証実験中)

株式会社ミヤプロは、香川県の『高松丸亀町スマート観光プラットホーム』実証実験において、NECネッツエスアイ株式会社をはじめとするロボットIoT利活用研究会メンバーの一員として、参加店舗のデジタルサイネージを含むコンテンツ作成と運用と、pepper君をお遍路さんの姿にしての商店街の宣伝や、外国人観光客を多言語対応によって「セルフ免税カウンター」に誘導するお仕事をしています。

 

この実証実験は2017年10月1日(日)より運用を開始したもので、経済産業省の「Iotを活用した新ビジネス創出事業」の一環として、外国人が使い慣れたモバイル決済の採用や、免税品の合計金額の自動計算などを商店街のカウンターにて集中処理しようというものです。
香川県は、2016年 楽天トラベル調べによるインバウンド人気上昇エリアランキング 第一位のエリアで、このような急激なインバウンド増加における課題となっている「免税手続き」の簡素化と「消費活性化」の解決を目指しています。これで各店舗の負担を減らしたり、観光客の周遊やショッピングの利便性向上ができれば、本格運用に移行することでしょう。(下記写真から香川経済レポート記事にリンク)

 

参加企業

NECネッツエスアイ株式会社
高松丸亀町商店街振興組合
株式会社ミヤプロ
日本ブランド政策株式会社
港産業株式会社
三井住友海上火災保険株式会社
株式会社アバンアソシエイツ

 

ニュースリリース

香川県高松市丸亀町商店街においてインバウンド増加・消費活性化を目指す「高松スマート免税・観光プラットフォーム」の実証実験を開始

2018.1.23

保育のお手伝いをするpepperくん (レポート)

高松市の、「くにとう幼稚園」(学校法人国東学園)は2017年に人型ロボットPepperを導入。Pepperには家電店や通販でも入手できるコンシューマ向けと、プログラミングができる Pepper for Biz があり、この幼稚園は中四国で初のPepper for Biz の利用者で、Pepper君による園児の教育や園の催しの手伝いをこの1年ほどの間に積み重ねてこられた。

その導入以来の運用面やコンテンツ制作お手伝いをしているのがミヤプロさんです。ミヤプロはソフトバンクのロボアプリを開発する事業者ロボアプリパートナーの認定を取得されていて、くにとう幼稚園の要望に応えるには、どのようにPepper君を使えばよいのかという用途開発をされています。

 

Pepper君は園児たちの人気者で、園児たちに体操をさせたり、クイズをだしたり、英語を教えたりしています。これは時間外の延長保育にはもってこいで、慢性的に人手不足になりがちな保育士さんの助けにもなっています。

もうすぐ導入後1年になりますが、その間にPepper君が活躍した場面は、上記の①日頃の保育の補助、②入園式のあいさつや手伝い、③幼稚園説明会での案内や説明員、④バザーなどの行事での案内役、などで、こういった経験を経て幼稚園側からも、もっとこういうように使えたらというアイディアや要望が湧き上がるようになってきました。

 

これからは、Pepper君がさらに多くの園児たちと遊んだり、勉強ができるように、ミヤプロさんはIT開発に取り組んでおられます。このくにとう幼稚園での応用開発の積み重ねが先例となってPepper君を導入される幼稚園は広がるでしょうから、近い将来皆さんの町でも子どもたちがPepper君と遊ぶ姿が見れるようになるかもしれませんね。

 

問合せ先 株式会社ミヤプロ